和紙ちぎり絵しゅんこう

お問い合わせ

しゅんこうからのお知らせ

和紙ちぎり絵〈基本の作り方〉

和紙を使って制作する「和紙ちぎり絵」

「興味はあるけれど、自分でオリジナルの作品を作るのは難しそう。」という方はとても多くいらっしゃいます。そのような方や、和紙ちぎり絵を作るのは初めて、という方のための「基本の作り方」説明です。
和紙ちぎり絵といっても様々ですが、ここではキット(教材)を使って、図柄の型紙を写しながら制作する方法について説明します。

また、オリジナルの作品を作る際に参考にしていただける点も紹介します。

 


■材料

和紙

和紙には、材料や漉き方、染め方、産地などによって様々な種類があります。
なかでも色が美しくて、はぎやすく、趣のある毛羽(けば)を出せて、紙の内側までしっかりと染まった和紙がよく使われます。

 材料_和紙

シキシ(台紙)

和紙を貼る台紙として使います。
しっかりと厚みがあり、のりが乾いた後もシワが寄ったり反ったりしないものが和紙が貼りやすく適しています。

 材料_シキシ

■道具

―必要な道具―

トレーシングペーパー

半透明の薄い紙。
キット(教材)の場合は、あらかじめ図柄の型線が印刷され“型紙”と呼ばれます。

 道具_トレーシングペーパー

チャコペーパー(複写紙)

水分で線が消える水溶性のもの 

 道具_チャコペーパー

のり

添加物の少ない工作用のでんぷん糊が適しています。
化学糊は和紙の変色を招く恐れがあるので使わないようにしましょう。

 道具_のり

のり付け台紙(コピー用紙や折込広告)
和紙にのりを付けるときに下に敷きます。

ハサミ
工作用などの小ぶりなもの。

おしぼり・ウェットティッシュ
指についたのりを拭いたり、チャコペーパーの線を消す時に使います。

―あると便利な道具―

ハケ・筆

主に和紙にのりをのばすのに使います。
穂先が斜めにカットされた小ぶりな平筆が使いやすく、のりを均等にのばすことが出来ます。

 道具_ハケ

目打ち(または竹串)

指先では扱いづらい細かな和紙を貼ったり、貼った和紙の形を整えたりする際に使います。
また、小さな円をくりぬく際などにも便利です。

 道具_目打ち

ツイントレーサー(または鉛筆)

チャコペーパーで下絵を写すときに使います。

 道具_ツイントレーサー

チャコペン

水分で線が消える水溶性のペン。薄く剥いだ和紙に下絵を写すときなどに便利です。

 道具_チャコペン

■基本の作り方

動画ですぐわかる!基本の作り方

和紙ちぎり絵<基本の作り方>台紙(シキシ)に図柄を写す

1.台紙(シキシ)に図柄を写す

●シキシ→チャコペーパー(複写面下)→型紙の順に重ねます。

※チャコペーパーの向きに注意
複写面を下にしてシキシに向けます。複写面は薬剤のついた色の濃い面で触ると少しペトペとしています。

和紙ちぎり絵<基本の作り方>線の少し内側を鉛筆でなぞり図柄をシキシに写します

●線の少し内側を鉛筆でなぞり図柄をシキシに写します

※図柄を写した線は、後の工程で和紙を貼っていく際の目安にします。
図柄より内側になぞっておくと完成したときに和紙で線が隠れ後で消す手間が省けます。
鉛筆、またはトレーサーでなぞります。
(動画では鉛筆ではなくトレーサーを使っています。)
鉛筆でなぞると型線のほかに鉛筆の線がつき型線が見づらくなりますが、トレーサーを使うとそのようなことがなく便利です。

和紙ちぎり絵<基本の作り方>

水色の線で図柄が写しとれました。

和紙ちぎり絵<基本の作り方>和紙にパーツごとの型を写す

2.和紙にパーツごとの型を写す

●チャコペーパー(複写面上)→和紙(表上)→型紙の順に重ねます。

※チャコペーパーの向きに注意
複写面を上にして和紙に向けます。

和紙は表面を上にしますが、色の具合を見て裏面を使ってもかまいません。
一般的に和紙はつるつるしているほうが表の面です。
また、和紙には縦目と横目があります。なるべく縦目に沿うように図柄を合わせるとちぎりやすくなります。
(和紙の「縦目」「表裏」については後に説明があります。)

和紙ちぎり絵<基本の作り方>線上を鉛筆でなぞり図柄を和紙に写します。

●線上を鉛筆でなぞり図柄を和紙に写します。

和紙の裏面に青い線がつきます。
ちぎるパーツは周りに1cmほど余裕をもたせます。
余裕がないと指で持つ部分がなく、ちぎりにくくなってしまいます。

和紙の「紙の目」について

和紙には縦目と横目があります。
縦方向には和紙の原料繊維が流れています。
この流れに沿うようにすると、スムーズにちぎることが出来ます。
横方向は、繊維の流れを断ち切ることになるので、ちぎる時に指先にかなり力が必要です。
特に、ちぎり始めは縦方向から始めると楽にちぎり進めることが出来ます。

「縦目」の見分け方

和紙_紙の目

和紙を光に透かすと見える約3センチ間隔の線の方向が縦目です。
折り染め紙は普通折り線が縦目に入っています。

和紙の「表裏」について

一般的に和紙はつるつるしているほうが表の面です。
特に、和紙を「はぐ」際は表裏に注意し、表を自分に向けてはぎます。
(一般的にちぎり絵に使う和紙についての説明になります。紙の目や表裏は和紙の種類・漉き方によって異なります)

3.和紙をちぎる・はぐ

和紙ちぎり絵<基本の作り方>手前にひねるようにちぎります

●手前にひねるようにちぎります。
●爪を立ててちぎらないように注意!

ひねるようにちぎることで美しい毛羽(けば)がでます。
毛羽(けば)は和紙のこまかい繊維があらわれたもの。その毛羽の風合いが、ちぎり絵特有のやさしく温かみのある絵を生み出します。
爪を立てると繊維が短く断ち切れて美しい毛羽がでないため、指の腹を使ってちぎるようにしましょう。

和紙ちぎり絵<基本の作り方>ちぎった後指先で毛羽を整えます

●ちぎった後、指先で毛羽を整えます。

指の腹で軽くはさんで、内から外へ毛羽をのばすように整えます。

和紙ちぎり絵和紙の縦目に沿ってはぐこともできます。

●和紙の縦目に沿ってはぐこともできます。

和紙を剥(は)ぐ

・和紙の表側を自分に向ける。

縦目が上下に流れるように和紙を持ちます。

手前斜めに向けて手を動かして和紙をはぎます。
和紙を裂くイメージで、一気に思い切りよく手を動かします。

剥ぎ方__左から剥ぎ方__右から

剥ぐという手法はいくぶん難易度が高く、ある程度の習熟が必要です。
剥ぐ手法をしっかりと習得されたい場合は、お近くのしゅんこうの和紙ちぎり絵教室で講師に直接指導を受けることをお勧め致します。

和紙を剥(は)ぐことの効果

はいだ『和紙』は、透けるほどに薄く、重ね合わせることで下の色を透かし新たな色を生み出す効果があります。
また微妙な厚みの変化によって色の濃淡がつき、染め色自体の濃淡との相乗効果で、繊細で豊かなグラデーションが現れます。
多くの和紙ちぎり絵作家が、和紙をはぐ技術を用いて立体感・遠近感を自在に表現するなど、高度な技術を駆使した芸術性の高い作品を制作しています。

4.和紙にのりをつける

和紙ちぎり絵<基本の作り方>和紙にのりをつける

●毛羽がのびるようにのりをひろげていきます。

パーツの中央から外側に向けて均一にのりをのばしましょう。

5.台紙(シキシ)に和紙を貼る

和紙ちぎり絵<基本の作り方>台紙(シキシ)に和紙を貼る

動画のアネモネの図柄は、先に上半分の花びらを貼り、後で下半分を少し重ねながら貼っています。そうすると、上半分は奥に、下半分は手前に見えます。
基本的にパーツは“奥”になる部分から貼っていきます。キットを使う場合には、型紙に大まかな貼り順が番号で印刷されています。

6.チャコペーパーの線を消す

●湿らせたおしぼりで押さえます。線は和紙を貼った下に隠れますが、和紙の周囲に線が残った場合は消しましょう。

チャコペーパーの線は水分で消えます。
湿気でも着色効果が薄れてしまいますので、ビニール袋などに入れて保存しましょう。
またたくさん買い置きせずに、使う分だけ買い足すようにしましょう。 


■オリジナルの作品を作る

ご紹介したような基本の作り方を参考に、オリジナルの和紙ちぎり絵作品を制作してみましょう。

●下絵・スケッチを描く。
オリジナルの作品を制作する場合は、まずは下絵・スケッチを描くと、完成をイメージしやすくなります。
下絵を描く紙は、画用紙でもコピー用紙でもかまいません。
この時に、制作したい作品の原寸大で描き、できれば色もつけておきます。
すると和紙を選んだり、下絵を元に型紙を用意する際に役立ちます。

●型紙
トレーシングペーパーを用意し下絵に重ね、鉛筆やペンを使って描きます。
描いているうちにずれないように、マスキングテープやクリップなどを使って、トレーシングペーパーの端を下絵にとめておくと作業がしやすくなります。

●台紙を用意し、和紙を貼る。
シキシがよく使われますが、和紙の貼れるものなら何でもかまいません。
画用紙でもよいですが、薄いと貼り進めるうちによれたり反ったりするのでボード状のものなど厚みのあるものが適しています。
木の板やガラスにも貼れるので、色々と試してみてください。


■まとめ

和紙ちぎり絵の「基本の作り方」の簡単な説明でした。

“和紙に触れ、和紙をちぎるということは、どこか懐かしく、心休まる作業です。”
『初めての和紙ちぎり絵』田中悠子著

大小の〇をちぎって貼るだけの簡単な作業でも、配置や色を工夫すれば、和紙の風合いが生きた水玉アートが出来上がります。

水玉

好みの色の和紙を〇にちぎって貼るだけで完成!

和紙ちぎり絵の原点は「ちぎる・貼る」。
とてもシンプルです。

ぜひ一度、和紙をちぎってみてください!

こちらもおすすめ
「和紙ちぎり絵の始め方」
「教室をさがす」
おすすめの本と教材「はじめての和紙ちぎり絵入門(基本の和紙ちぎり絵)」

 
  • インスタグラム
  • 神戸憩いのサロン「さくら」
  • 講師派遣
  • 動画ですぐわかる!基本の作り方
  • 日本和紙ちぎり絵協会
  • 兵庫県和紙ちぎり絵協会
  • 採用情報
  • ネットでのお買い物はこちら