和紙ちぎり絵しゅんこう

お問い合わせ

しゅんこうからのお知らせ

和紙ちぎり絵ワークショップ in アメリカ合衆国バージニア


アメリカの美術館の学芸員の方から、和紙ちぎり絵のワークショップを開催しましたよ、とご報告がありました!

バージニア州ロアノークにあるタウブマン美術館は、近隣の自然にマッチした建物で、巨大なガラス屋根が目印。幅広いジャンルの展覧会だけでなく、芸術クラスやワークショップを意欲的に開催しているようです。

かつて明石教室に通っていて、現在はロアノーク在住のジャンボール絹子さん。絹子さんのちぎり絵作品を目にした美術館の方が、ワークショップを企画。和紙文化を世界に広めたいと思っていた絹子さんも賛同し、実現したそうです。

先ごろ開催されたワークショップの様子がこちら。

教材は、春らしくチューリップ。

flower1 -掲載

絹子さんが丁寧にご指導。

flower2 -掲載

皆さん、真剣な面持ちで取り組んでいます。flower3 - 掲載
出来上がった作品と満足げな笑顔。flower4 - 掲載
参加された方々からは大好評だったとのこと。
ぜひ、これからも和紙ちぎり絵ワークショップを継続してほしいものです。
そして、絹子さんがおっしゃっていたように、日本の和紙文化がどんどん広まることを祈りながら、
絹子さん、美術館の方々、ワークショップに参加された方々に感謝!!

■ Washi chigirie ■
Collage art of Japanese hand-made paper.
Japanese hand-made paper is made of long and thin fibers and has a warm and gentle impression.
By tearing it with your fingers, you can create a delicate fluffy appearance and original beauty on your work.

  • インスタグラム
  • 神戸憩いのサロン「さくら」
  • 講師派遣
  • 動画ですぐわかる!基本の作り方
  • 日本和紙ちぎり絵協会
  • 兵庫県和紙ちぎり絵協会
  • 採用情報
  • ネットでのお買い物はこちら