和紙ちぎり絵しゅんこう

お問い合わせ

イベント・展覧会情報

中野はる生誕100年記念回顧展 於 安部榮四郎記念館(島根)


会期:4月24日(金)~5月25日(月)
時間:9:00~16:30
   休館日―火曜日※5/5(祝)は開館、5/7(木)休館
   回顧展は無料ですが、安部榮四郎記念館の入館料は必要です。
会場:安部榮四郎記念館(松江駅よりタクシー約20分)
   島根県松江市八雲町東岩坂1754
   TEL 0852-54-1745
    安部榮四郎記念公式サイトはこちら 
   

「和紙ちぎり絵」は、昭和三十年代後半に兵庫県在住の
中野 はる(雅号 春虹、しゅんこう)
により手法が生み出され命名されました。
そのきっかけとなったのが、人間国宝 安部榮四郎氏の漉いた
和紙を手にし、感動したことだったのです。

生誕100年を迎えるにあたり開催するこの回顧展では、
時を経てなお味わいを増す
中野はるの作品を数多く展示いたします。

会場となる安部榮四郎記念館の展示室では、和紙の歴史紹介や、
安部榮四郎氏の漉いた美しい和紙など貴重な資料が多数展示されています。

豊かな自然に囲まれた素晴らしい環境で、日本の誇る和紙、
そして中野はるのちぎり絵を、ぜひご鑑賞ください。

「雨あがり」中野はる

「雨あがり」

 

「サルビア」中野はる

「サルビア」

 

「どくだみ」中野はる

「どくだみ」

 

「ぶどう」中野はる

「ぶどう」

 

「しょうぶ」中野はる

「しょうぶ」

 

 

 

 

  • 作品ギャラリー
  • 神戸憩いのサロン「さくら」
  • サロンドパピエ
  • 講師派遣
  • 動画ですぐわかる!基本の作り方
  • 日本和紙ちぎり絵協会
  • 兵庫県和紙ちぎり絵協会
  • 採用情報
  • ネットでのお買い物はこちら